確保した生き餌さ
fishing,  Out Door

2020.8.1 堤防で泳がせ青物不発でもマゴチ、マトウダイGET


少し時間が経ってしまいましたが8月1日に行った釣りの記録です。

そろそろ青物でもと釣りたいと思いとある港へ。
夜中の12時ごろ到着し早速生き餌となる小魚をつります。

仕掛けはWトリック仕掛けの4号、竿は磯竿の1.5と2号の2本出し。
フグが混じりながらもアジとサバを確保します。

確保した生き餌さ
泳がせ用の生き餌は揃った。後は青物が回ってくるのを待つ。

泳がせ用の竿は全部で3本出しました。
1本はミツマタサルカンに捨て糸、ハリスの船で使われる定番のヒラメ仕掛け。あとの2本は中通しおもりにサルカンハリスのシンプル仕掛けで中層を狙います。

泳がせ釣りはいつも釣れるとは限らず釣れたら儲け物位に考えておりますが、日も高くなりアジなどの小魚は釣れなくなったので泳がせ用の竿先やラインの動きに集中します。

動きがあったのは9時頃、突然一瞬ですがラインが出てドラグがなります。まさか??と思いながら集中してみているとその後、ラインの動きがありませんが竿の真下にあったはずのラインが50cm程度右に動いています。これはなにかしらの魚がくわえてると思い意を決して合わせます。

手応えはあります。
重たいですがゆっくりと上がってきます。
すがたをみせたのは中々のサイズのマトウダイ。しっかりタモに入れ釣り上げる事ができました。人生で初めてのマトウダイです。

マトウダイ画像
人生で初めてのマトウダイ。嬉しい〜!

初めてのマトウダイで気分が良くなり納竿しようかと思いましたが生き餌もあるのでもう少しと生き餌を投入します。もうさすがにこないだろうと片付けの準備をし始めるとまたもやドラグの音がなります。
今度は、それ以降ラインも動かずでしたが1分以上待ったので合わせてみることに

マゴチの画像
運を使い果たしたか?まさかのマゴチです!

青物の反応はありませんがマトウダイとマゴチを釣り上げたらこれ以上は求めませんが何せ生き餌が余っているので片付けしながら泳がせます。

するとすぐさまドラグがなります。
目を疑いますがまさかと思いながら1分ほど待ち合わせます。

まさかね。針に餌も残っておらず3匹目はありませんでした。空振りです。

そんなこんなで昼近くになってしまったのでこれにて納竿としました。

イナダ、ショゴ、カンパチは不発でしたがマトウダイとマゴチの釣果は我ながら大したもんだと上機嫌で帰りました。
こういう事があるから釣りはやめられませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA