20190506アジ、サバ干物
fishing

アジイワシなど釣り過ぎた魚は干物がオススメ。


各地でサバやイワシが釣れ始めている情報が出てくる様になってきました。
先日行った鹿島港ではアジとサバが釣れましたが、海を覗くと7〜8cm程度のイワシがコマセに群がっている姿も確認。
小さい針の仕掛けを使って狙えばすぐ50〜100匹なんてこともありますね。

ただしそんなに多く釣っても食べられないのと捌くのが大変で釣りたいけど我慢して適度な量に留めるのが無難ですが夢中になって釣り過ぎた場合我が家では全て干物にしてしまいます。
理由は、簡単である程度冷凍保存がきく為です。

干物は生魚を塩水につけて干したものです。単に開いて干しただけでは味がないのであまり美味しくありません。

ネットで調べるとアジの干物で
10%〜15%の塩水に20分〜60分程度漬けると言われております。塩水の濃度は魚の脂の乗りによって変えるそうです。油がのっている魚は10%、のってない魚は15%みたいな感じだそうです。
実際先日作った干物では10%の塩水を使いましたが30cm近いサバはとても美味しかったのですが、20cmほどのアジは今ひとつの味でした。
毎日作ってるわけではないので、正確に判断できる様になるまでには相当時間がかかりそうです。

この干物の良いところは、
釣り場で作ることも可能なところです。
魚を沢山釣ると帰ってきてから処理するのが非常に大変ですが釣りをしている途中に開いて
塩水につけて干してしまえば帰ってきてから処理するのが必要がないのでらくかもしれません。
釣り場に泊まりで行く場合はやってみる価値ありだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA